FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック界で言うとリアム・ギャラガー。或いはシド・ビシャス。

何週間か前の事だ、“刃牙”が連載を再開した。
“刃牙”と言うのは週間少年チャンピオン誌上で連載されているマンガの事で“グラップラー刃牙”から“バキ”を経て“範馬刃牙”そして“刃牙道”と名を変えて再び(いや、四度)動き始めた物語の事だ。(便宜上この4タイトルをまとめた呼称として“刃牙”と記している。)

ボクにとってこの“刃牙”と“ジョジョ”(この作品も“ジョジョの奇妙な冒険”、“ストーン・オーシャン”、“スティール・ボール・ラン”、“ジョジョリオン”と名を変えながら今も連載が続いている。便宜上この5タイトルを~以下略)ほど特別なマンガはない。
ボクの青春にはいつもこの2つのマンガのキャラクターがそばにいてくれたし、人格形成に於いてかなりの影響を受けている事をハッキリ言って自覚している。

そう、つまりこの2つの作品はボクにとってロックンロールなのだ。
凡百のロック漫画(何がとは言わないけどさぁ)なんかより遥かにロックンロールを感じているのだ。
キース・リチャーズの事を信じる様に範馬勇次郎の事を信じ、ジョニー・ロットンの事を信じる様にジョセフ・ジョースターの事を信じている。

キース・リチャーズ=範馬勇次郎
ジョニー・ロットン=ジョセフ・ジョースター
これは自分でもなかなかどうして秀逸な例えである。
なにがどうして秀逸なのかここで説明するのは避けたい。
いや、別に『キース・リチャーズ=範馬勇次郎論』や『ジョニー・ロットン=ジョセフ・ジョースター論』を書いても構わないのだけど、多分誰も読まないでしょ?

「ボクは読んでもらうためにこの日記を書いている。」

と、岸辺露伴の台詞をパクりながら筆を進めていく事にしよう。

今回は花山薫とぱるるについてのお話。

この“刃牙”に登場する花山薫とゆうキャラクター、15歳にしてヤクザの二代目組長に就任した素手喧嘩(ステゴロ)の天才とゆう設定なのだが、強くなる為の努力を一切しないのだ。
一切しないのにメチャンコ強いのだ。
五百円硬貨を指でひん曲げ、重ねたトランプの一部だけを千切り、パンチを放てばガードした腕をブチ折り、背骨まで粉砕する。恐竜時代最強の原人と相撲をとり、トリケラトプスと同等の力を有していると思われる。(何言ってるかわからねーと思うが真面目に書いてます。)エトセトラetc.その強さはちょっと異常。
オマケに回を増す事にその強さの表現は異次元クラスになっていく。
ちょっと手がつけられない。
一切の鍛錬をせずにコレだ。
フツーこうゆう少年マンガで何の努力もしないで強くなっていくキャラクターはその強さに説得力を持たせる事が非常に困難だ。
でも花山薫はそんなの気にしない。
「花山薫は強いのがお仕事です。」とばかりにドンドン強くなっていく。
ただ「たまたま強く産まれた」だけ。
生まれもっての強さ、磨かずとも光る「たまたま強く産まれた」だけの残酷なまでの、ある種暴力的なまでの事実。真実。説得力。
ナチュラルボーン強い。
それはまるで現実世界に於けるぱるるの存在そのものである。
ぱるるの可愛さについてはもはや説明をするのもバカらしい。「ぱるるは可愛いのがお仕事です。」ってなもんだ。
「たまたま可愛く産まれた」だけ。
ナチュラルボーン可愛い。
それだけで全てを有耶無耶にするぱるると「たまたま強く産まれた」だけで全てを薙ぎ倒してゆく花山薫に何の違いがあろうか?
いや、ない。

この全く新しい『ぱるる的暴力』とゆう概念を踏まえて“刃牙”を読み直してみると、また新たな魅力に気付く事請け合い。

フジコ

あ、あと意外と優しいとこなんかもソックリな「今日のぱるる。或いは花山薫。」

32979337_452x636.jpeg65965365.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

R2O

Author:R2O
俺たちがR2Oだ!
A型3、O型1、
B型1人の計5人!

R2O Official WebSite
フェイスブック
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。