スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イデオロギーが生み出すアレルギー

アレは…そうだな…今年の春くらいかな?

ボクわ人知れず古い(ボクらのパパとママが聴いていた時代の)SoulやR&Bにハマっておった

腐っても(誤解を恐れずに言えば ではあるが)ミュージシャンだ
24時間365日ぱるるの事を考えているワケでわ ない
音楽の事だって考える

カッコいいんだ とても
ドラムもベースも大した事わしないんだけどバキッとしてて

そして最近わこの辺の音楽の事を考えながらベースを弾いている事わあんまり知られていない

知られていないって事わ『そーゆー風』になってないって事で

つまりオレはやっぱり下手くそなまんまだ

クソぅ

あぁ どうでもいい話だったな

そうだ こんな事わどうでもいいんだ

先日AKB48の“恋するフォーチュンクッキー”とゆう曲が発売されたが コレがマジでヤバい

何がどうヤバいかと言うと ワタシがハマっておった古いSoulやR&Bの匂いがプンプンするのだ

そこに(良い意味で)安っぽいメロディーに下っ手くそなヴォーカルをのせて絶妙なポップネスを獲得する事に成功している(歌が上手い人が歌ったらこのポップネスは出ない 多分)

そして大ヒット だ

この感覚はアレだ

MadonnaがHung Upを出した時と似ている

この時のワタシは80年代の安っちいダンス・ミュージック×ポップ・ミュージックにハマっており それを何とかバンドで表現する事に心血を注いでいた

(ここだけの話でわあるがワタシは“キラーチューン”はその辺を意識している それが成功しているか否かはアナタの判断に委ねる)

時代の半歩(一歩じゃなくて半歩)先を行き 見事成功したMadonnaに歯噛みしたものだ

と 同時に自分の嗅覚の鋭さを自画自賛したりも した

恋するフォーチュンクッキーも“それ”だ

ともすれば時代遅れになりがちなサウンドで時代の半歩先を行く事に成功しているのだ

ボブ・ディランがかつて歌ったように時代は変わる
今は2013年 折しもDaft Punkが“それ”に近い事をしているが アレは半歩じゃなくて一歩だ 些か高級すぎる(あと単純に恋するフォーチュンクッキーの方が曲が良い)
そしてその半歩はポップ・ミュージックに於いて計り知れなくデカい(アームストロング船長の一歩が霞んじまうくらいにな)

素晴らしい

ぱるるがどーこーは置いといて 1人のポップ・ミュージック愛好家として素直に賞賛したい

恐らくコレを超えるシングルは今年は出るまいて



惜しむらくは自分が出来なかった事が
自分がモタモタしている間に“それ”をやられちまった事が素直に悔しい

クソぅ

フジコ

マドンナ=アメリカって事で古き良きアメリカっぽい「今日のぱるる。或いはオレ。」


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

R2O

Author:R2O
俺たちがR2Oだ!
A型3、O型1、
B型1人の計5人!

R2O Official WebSite
フェイスブック
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。